INSIGHTS

業界インサイト

ベトナム不動産市場の概況:ホーチミン市におけるレジデンス物件市場の見通し

ベトナムの土地は土地法で定められている通り、すべて国家が所有している。そのため外資・内資を問わず個人や企業が土地を利用する場合には国から「土地使用権」の割当を受けて使用することになる。土地使用権の譲渡や貸借については明確 […]

READ MORE

ベトナム風力発電のポテンシャル:東南アジアで最もポテンシャルが高い国の1つベトナム

本記事ではベトナムの風力発電のポテンシャルについて、インド、タイ、インドネシア、台湾といったアジア近隣諸国との比較から分析していきたい 伸び悩む世界第4位の風力発電大国インド 2017年時点でインドは中国(161GW)、 […]

READ MORE

米国・欧州の航空整備士制度:航空整備における外国人の活用可能性【後編】

前回のレポートでは、日本における航空整備士制度についてまとめてきた。今回の記事では、米国・欧州の航空整備士制度について見ていきたい。各国の航空整備士制度を調査することで、今後日本において外国人材を航空整備士として中長期的 […]

READ MORE

日本の航空整備士制度:航空整備における外国人の活用可能性【前編】

2019年4月から新たな在留資格制度「特定技能」が開始された。この中では特に人手不足が深刻な14分野において特定技能外国人を受け入れるとされているが、その中で航空分野が含まれている。航空分野の有効求人倍率は平成29年度に […]

READ MORE

加速するベトナムのFinTech市場:市場の特徴とポテンシャル(後編)

本記事は後編となります。「加速するベトナムのFinTech市場:市場の特徴とポテンシャル(前編)」についてはこちらをご覧ください。 1.資金が集中する電子決済フィンテック 一概にフィンテックと言っても多くの種類があるが、 […]

READ MORE

加速するベトナムのFinTech市場:市場の特徴とポテンシャル(前編)

金融ITの融合、すなわちフィンテックが東南アジアで盛り上がりを見せている。東南アジア諸国ではこれまで筆者のレポートでも取り上げてきたベトナムと同様、金融セクターの健全化のために克服すべき解決すべき課題が少なくない。そのた […]

READ MORE

ベトナムの太陽光発電市場の可能性:東南アジアにおける太陽光発電の先進国

 本記事ではベトナムの太陽光発電のポテンシャルについて、インド、タイ、インドネシア、台湾といったアジア近隣諸国との比較から分析していきたい。前回の記事では風力発電についてベトナムの今後の可能性について分析し、上記の諸国と […]

READ MORE

2021年以降に深刻化するベトナムの電力不足:再生可能エネルギー開発が加速【後編】

※本記事は後編記事となります。前編記事は以下の記事をご覧ください。前編記事では、ベトナムの再生可能エネルギーの現状や機会について述べたが、後編記事では課題と今後の見通しを中心に分析を続けていきたい。 再生可能エネルギー開 […]

READ MORE

2021年以降に深刻化するベトナムの電力不足:再生可能エネルギー開発が加速【前編】

本記事では、ベトナム電力公社(EVN)や商工省の動向を精査し、今後のベトナムの電力不足問題と再生可能エネルギー開発の好機について前編と後編に分けて分析していきたい。 ベトナム電力公社(EVN)のレポートによれば、ベトナム […]

READ MORE

グローバル企業の脱中国とベトナムへの生産拠点移管の動きが加速

米中貿易摩擦の恩恵を受けたベトナム  新型コロナウイルスの拡大により、世界経済が停滞する中、もう一つの懸念事項が米中関係の悪化である。7月24日にはアメリカはテキサス州の中国総領事館の閉鎖を命じたが、中国は報復措置として […]

READ MORE

ベトナムと日本の友好都市:ベトナムパーフェクトガイド

ベトナムの各省は、それぞれ日本の地方自治体と友好関係を結んでいる。友好都市のことをベトナム語では「Thành phố kết nghĩa」と呼び、日本語では「結議都市」という意味である。これは三国志において劉備、関羽、張 […]

READ MORE

2020年前半期のベトナム農林水産業の動向

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響にも関わらず、2020年前半期(1~6月)のベトナムのGDP成長率は1.81%を記録している。また同時期のGDPの中で農林水産業の生産高が全体の15%近くを占めている。ベトナムと […]

READ MORE

「脱中国」と「ベトナムへの生産拠点移転」のグローバルトレンドが拡大:中小企業にも移転の動き

 前回のONE-VALUEの記事でも、グローバル企業による中国からベトナムへの生産拠点の移転について述べたが、本記事でも引き続き、脱中国とベトナムへの生産拠点の移転について分析を続けていきたい。 日本政府も中国からのサプ […]

READ MORE

特定技能の受入分野および特定技能号2号の対象分野が拡大の方針

2020年7月14日、菅官房長官、森まさこ法務大臣が議長を務め、「第8回外国人材の受入れ・共生に関する関係閣僚会議」が開かれた。この会議は2018年7月24日を第一回としてこれまで8回行われてきた、外国人材の円滑かつ適正 […]

READ MORE

ベトナムで最もブランド価値が高い企業(2020年版):ベトテルとビナミルクに注目

ベトナムで最もブランド価値が高い企業上位10社 この度、Forbesベトナムは、ベトナムで最もブランド価値が高いトップ50社(2020年版)のランキングを発表した。上位10社には、Viettel(ベトナム軍隊通信産業グル […]

READ MORE

ベトナムの農業:現状と今後の外国投資のポテンシャル

ベトナムは、コーヒー、米、ゴム、カシューナッツなどの多くの農産物に適した気候と土壌条件を持つ農業国である。同時に、ベトナムは農産輸出国として認識されている。ベトナムの主要な農産物としては米(輸出量世界2位)、コーヒー(生 […]

READ MORE

ビングループ:ベトナムから世界進出までの25年間

「ビンホームズの家に住み、ビンファストに乗って、ビンマートへおかずを買いに行き、ビンコムで買い物をし、ビンパールへ旅行し、ビンエコへ野菜を買い、ビンスクールで学習し、ヴビンメックで健康管理を行い、ビンIDで支払うR […]

READ MORE

図解で分かるベトナム経済:中国からベトナムへの製造拠点の移管 ~なぜベトナムなのか~

日系企業を含めた多くのグローバル企業が生産拠点を中国から第3国へ移転する動きを強めていることは以前の記事でも繰り返し述べてきたが、この記事では移転先としてなぜベトナムが選ばれているのか、中国やタイ、インドネシア、フィリピ […]

READ MORE

図解で分かるベトナム経済:製造拠点から消費市場へのシフト

前回の記事では、中国からの生産拠点の移転について分析を行った。近年の傾向として、日本企業が検討する事業拡大の有望国として、中国ではなくベトナムを候補として挙げる日本企業の割合が拡大しており、その理由として、長期的なベトナ […]

READ MORE

図解で分かる外国人材:働きたい特定技能外国人が急増?!

2019年4月から新しい在留資格の制度「特定技能」が定められてから、現時点に至るまですでに5000人を超える特定技能外国人材が日本で働いている。こちらの制度は技能実習生とは異なり、すでに相応の知識と技術を持った人材を日本 […]

READ MORE

MAIL MAGAZINE

ベトナムビジネスの最新動向と
特集レポートを配信しています。

メールマガジン登録 arrow_forward_ios

OUR BRIEF

資料「3分でわかるベトナム経済」を
無料でダウンロードいただけます。

PDF資料ダウンロード file_download

CONTACT US

ご興味をお持ちいただけましたら、
ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ arrow_forward_ios
タイトルとURLをコピーしました