Vietnam Market Research

ベトナム市場調査:日本企業向け

更新)

ベトナム市場調査サービスの概要

ベトナム市場・業界をお客様(日系企業)に代わって調査・リサーチします。

外国であるベトナム市場への参入や事業拡大、M&Aを検討する日本企業にとって、事前に市場調査を行うことが必要です。

現状、海外市場に関する情報はインターネットで収集できる情報が少ないです。日本企業にとっては大きな悩みの種になりますが、ベトナム市場は特に情報が少ないため、専門家に依頼することも有効な手段の1つになります。


ONE-VALUEのベトナム市場調査では、お客様のご要望に応じてオーダーメイド式で調査項目を設計しています。具体的には以下のような調査項目を調査するケースが多いです。

  • 市場規模
  • 市場区分
  • ベトナム法規定
  • 業界の主要プレーヤー
  • ベトナム市場での価格帯
  • ベトナム消費者のニーズ
  • 日系企業の求める条件に適する現地サプライヤー
  • ベトナム政府の方針、外資規制
  • 市場のトレンド
  • 将来予測

ONE-VALUE株式会社はベトナム市場調査に関するあらゆる項目が調査可能です。

市場調査を通じて、ベトナム市場新規参入や事業拡大を目的とした戦略立案の策定を支援します。 日系企業のお客様の新規参入、事業拡大の可能性も客観的に評価することも可能です。

ベトナム市場調査を通じて把握できること

ベトナム市場調査を通じて以下のようなことが把握できます。ここでは2つの事例を紹介します。

ベトナム市場動向・トレンド

お客様がベトナム市場で展開を検討している製品やサービスにおける市場規模やその市場がどの程度成長しているのか、定量的(販売金額、販売数量など)、かつ定性的(市場トレンド)に把握できます。また、市場規模の推移に関する背景要因(市場環境、製品・サービスのトレンド、参入企業の動向など)を定性面によっても把握することができます。

これらの情報は、ベトナム市場の有望性の判断や、新規参入・事業拡大や今後の進出計画の検討に活用できます。

ベトナム市場の参入障壁と競合会社

ベトナム市場の参入障壁するにあたり、どのような市場参入障壁があるかを明らかにします。例えば、ベトナム市場には外資規制があり、日本企業にとって参入障壁となることがあります。

また、ベトナム市場にはどのような市場プレーヤーが参入しており、どのくらいのシェアを有しているのか把握することができます。参入プレーヤーのシェアに関する背景要因(製品、財務情報、ポジショニング、企業戦略、優位性など)の把握も可能であり、ベトナム市場に参入の戦略に役立てることができます。

③ベトナム国民のニーズ・嗜好

外国人であるベトナム国民のニーズや嗜好は実際に調査をして体系的に理解する必要があります。

ニーズ調査とはベトナム国民がある商品やサービスに対して持っているニーズ(要求・需要)を把握するための調査です。マーケティングを行う上では特に必要な調査になります。

主な方法としては、アンケート調査、インタビュー調査、SNS調査があります。対面で行うこともあれば、オンラインで行うこともあります。

ONE-VALUEの強み

ベトナム市場調査・参入可能性調査を行うにあたって、弊社ONE-VALUEの強みは主に以下の通りです。

  • ベトナム市場に特化しており、深い知見を有しています。ONE-VALUEのお客様の8割は日系の上場企業です。
  • ベトナム現地に子会社を有しており、現地で稼働する調査員が多くいます。
  • ベトナムの大手企業役員や政府機関高官とのコネクションが多くあります。
  • SNSでベトナム人コミュニティを形成しており、一般消費者へのデプスインタビューや大人数を対象とした意識調査も可能です。
  • オーダーメイド型ですので、最適な調査項目を案件ごとに柔軟に設定できます。
  • ベトナム市場での輸出拡大を行うため、ベトナム現地のバイヤー(輸入企業、小売企業、飲食店)への販路開拓・営業活動を支援します。

ベトナム市場調査の調査方法

ONE-VALUEの市場調査では、主にデスクトップ調査、ヒアリング調査、マーケティング調査を通じて調査します。

デスクトップ調査

ベトナム語・英語にてベトナム人アナリスト(リサーチャー)、日本人アナリストを中心に政府統計、業界団体の統計情報、民間企業の公表情報、現地報道記事を中心にデスクトップ調査を行います。

ベトナムでは統計が整備されていなかったり、信頼できる情報リソースが少なかったりしますが、弊社は信頼の置ける情報リソースのみを活用します。

これまで多数のベトナム市場調査を実施してきて得られたベトナム市場・ベトナム企業に関する大量のデータベースも活用します。

ヒアリング調査

ベトナム中央政府・地方政府の高官、ベトナム企業の経営・マネジメント層、業界団体の有識者・専門家にヒアリング調査を行います。その他、既にONE-VALUEが保有するパイプ・ネットワークを活用して、情報収集を行います。

マーケティング調査・マーケティングリサーチ

ベトナム国民の消費者のニーズを主に調査します。マーケティングリサーチは目的に応じて以下のような手法を効果的に活用します。

定量調査

定量調査とは一般的に数値で表されるデータを集計・分析する調査です。具体的には定量アンケート調査を通じて、消費者や顧客に直接意見を聞いてデータを取得します。オンライン

例えば、ベトナム国民200人に対して、健康食品に関するマーケティングリサーチを行う場合、ベトナム国民が健康食品に求める機能はなにか、普段はどれくらいの頻度で健康食品を使用しているのか、使用履歴はどれくらいか、年間の支出額はどのくらいかなど、設問項目を設けてベトナム国民の健康食品に対する嗜好やニーズの傾向を分析します。

インタービュー調査

インタビュー調査では主に定性情報を取得します。定性情報とは数字では表現が難しいベトナム個人の発言や行動といったデータを得るための調査です。インタビューを行う項目は事前にお客様の意向も踏まえて設定し、最終的な同意の上、実施します。インタビュー調査の方法は主に以下の2つの方法があります。対面で行うことが難しい場合やオンライン上や電話を通じて行います。

デプスインタビュー

ベトナム消費者とインタビュアーが1対1で行う形式。

デプスインタビューではベトナム国民の心理状態やライフスタイルを深く調査することができ、本人が自覚していないような心理や考え、価値観を聞くことができます。よりベトナム消費者のニーズの本質を理解することができます。これらはデプスインタビューの大きなメリットです。一方で、デプスインタビューは時間(コスト)がかかる、合意形成が難しいといったデメリットも存在します。

グループインタビュー(グループディスカッション)

複数人のベトナム消費者に対して司会者(モデレーター)が座談会形式で行う形式。

グループインタビューではコストパフォーマンスが優れ、グループダイナミックスが期待できるというメリットがあります。グループダイナミックスとは、ベトナム消費者が集団としてインタビューに応じることで、集団から影響を受けたり、集団に影響を与えたりするという原理のことです。ベトナム消費者がお互いに刺激を受け合い、事前に予測していなかったアイデアが発掘され、様々な意見を得ることができます。但し、グループインタビューのデメリットとしては、ベトナム消費者の個人の深堀りには不向きであり、時に牽制が発生することがあります。大勢の前で話すことがデメリットとなり、当たり障りのない意見しか出ないという事態です。

ベトナム市場調査の流れ

ベトナム市場調査について日系企業向けに解説いたします。
ベトナム市場調査の流れ

1.お問い合わせ

・調査調査を行いたい項目についてお問い合わせ下さい。その際は、調査で明らかにしたい内容や予算、スケジュール・期間をお伝え頂けると具体的な回答が可能です。

2.打ち合わせ・調査設計

・ベトナム事業展開に関するお客様の課題や背景、目的についてヒアリングさせて頂きます。

・ベトナム進出コンサルタントと調査の実施にあたってより具体的に内容の設計、実施費用、スケジュールに関してすり合わせを実施致します。

3.調査提案書・見積書の作成

・お打ち合わせの内容やお問い合わせの内容に基づいて、調査実施の提案書とお見積りを作成します。お客様に合意頂きましたら、調査開始となります。

4.調査状況の確認

・調査実施中では、定例報告会・中間報告会を設定することにより、調査の進捗状況や途中成果物をご報告します

・定期的な報告会を実施することにより、調査の方向性や品質に問題がないか確認することができ、より質の高い調査を実施することができます。

5.最終報告・今後のアクションプラン示唆

・最終報告会にて調査実施の分析結果を報告書の作成の上、ご納品します。報告会では自由に質問をすることが可能です。

・調査結果ではなく、ただの情報収集ではなく、お客様の課題解決につながる戦略立案、具体的なアクションプランまでご支援します。

ベトナム市場調査の活用事例

このような場面でご活用いただくことが可能です。

ベトナム市場への新規参入・事業拡大を検討中

・ベトナム市場への新規参入・事業拡大を検討しているが、対象とする市場の規模/今後の有望性がわからない。

・ベトナムの外資規制や規定が分からない。

・ベトナム消費者のニーズや嗜好が把握できていない。

・ベトナム市場での新規事業を検討しているが、対象とする市場の参入メーカーや販売先がわからない

・新製品/サービスの開発を検討しているものの、どのようなものを作れば良いかわからない。

既存事業における投資阪大

・今後のベトナム市場がどの程度成長していくのかわからない。

・競合となるような新製品・サービスが普及する可能性について検討している。

・ベトナム政府が新しい法律を制定した場合、自社の事業に対する影響はあるのか。

ベトナム市場調査の依頼方法

ベトナム市場調査の依頼方法については、ONE-VALUEのメディアサイトでも掲載しておりますので、ご覧ください。

ベトナム市場調査の依頼方法【日本企業向け】調査方法・費用・分析ポイント解説 - VietBiz(ベトビズ)
目次 ベトナム市場調査を成功させるための確認ポイントベトナム市場調査の必要性と目的ベトナム市場調査の必要性①:ベトナム市場は環境変化が激しいベトナム市場調査の必要性②:ベトナム消費者の嗜好は日本と異なるベトナム市場調査の

費用・料金体系

ベトナム市場調査の料金体系については、調査のボリュームや難易度によって都度お見積りをご提供しておりますので、まずは一度ご連絡頂ければ幸いです。

実施期間

ベトナム市場調査の実施期間はプロジェクトの規模に応じて、数週間〜数ヶ月と異なってきます。実施スケジュールはお客様のご要望に応じて対応しております。

なぜベトナムなのか

急速な経済発展に伴い、ベトナム市場は安価な人件費がメリットとなる製造業の生産拠点としてだけでなく、有望な消費市場としても近年注目されています。1億人規模の豊富な人口と急増する中間層に支えられたベトナム市場を有望とみる日本企業は増えています。ベトナム市場には世界的な各国の大企業も多く進出しています。

都市部(ホーチミン市、ハノイ市、ダナン市)には中間層、富裕層が多く、最近ではEC販売・オンライン販売も盛んになっています。南部のホーチミン市は特に経済最大都市となっています。

一方、海外進出の進出先として、ベトナム以外にも東南アジアや中国の市場を有望と考える日本企業は多いのではないでしょうか。

中国、韓国、インド、東南アジア地域(タイ、インドネシア、ラオス、カンボジア、フィリピン)等、ベトナム周辺にも日本企業にとって有望な市場はありますが、ベトナムは今後の成長性が最も高い国とされています。

2020年、新型コロナウイルスが世界的に感染拡大しましたが、ベトナムは東南アジア地域のなかで唯一GDPプラス成長を成し遂げました。アジア開発銀行の予測によれば、ベトナムはアフターコロナとさせる2025年まで東南アジアで最も高い経済成長率を維持すると予測されています。 ベトナムは新型コロナ抑制状況やウクライナ危機を変動要因があるものの、製造業の伸びや国際観光再開、消費の需要増加など、さらなる発展が期待でき、ベトナム政府の公式発表によれば、2022年通年のGDP成長率は6.0~6.5%を達成できる見込みです。

PROJECTS

企業さまに対してOneValueが行った、市場調査の事例の一部をご紹介いたします。

UR都市機構(スマートシティ)
UR都市機構:ホーチミン市におけるスマートシティ推進モデル地区に係る基礎的調査業務

ホーチミン市人民委員会に対して実現可能な政策提言づくり及び日本企業が同市内での事業に参画しやすい環境づくりを目指すことを目的とした基礎調査の実施。

総務省(IT・DX)
総務省:ベトナム社会主義共和国におけるデジタル避難行動支援サービスの展開に関する調査研究の請負

日本の災害分析技術を駆使して、災害時の情報提供や避難経路誘導を盛り込んだ『デジタル避難行動支援サービス』によりベトナムの災害に関する課題解決に寄与することを目的とした基礎調査。

MAIL MAGAZINE

ベトナムビジネスの最新動向と
特集レポートを配信しています。

メールマガジン登録 arrow_forward_ios

OUR BRIEF

ベトナム事業に役立つ各業界の
ビジネスレポートを無料配信しています。

PDF資料ダウンロード file_download

CONTACT US

ご興味をお持ちいただけましたら、
ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ arrow_forward_ios
タイトルとURLをコピーしました